2007年11月14日

小説版「BLEACH」

週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」ですが、漫画のみならず、色々な楽しみ方が出来るようになっています。例としてはアニメはもちろん、映画版アニメ、ゲーム、ロックミュージカル、ラジオなどがありますがその中でも小説版「BLEACH」に注目してみたいと思います。
現在「BLEACH」の小説はジャンプj−BOOKSより発売されています。ジャンプコミックス1〜2巻と内容はほとんど同じな「BLEACH letters from the other side」、また主人公を朽木ルキアが担当する「BLEACH THE HONEY DISH RHAPSODY」、劇場版アニメ映画の小説版「BLEACH MEMORIES OF NOBODY」の3種類の小説が現在発売されています。
著者は全冊とも松原真琴で、彼女は第11回ジャンプ小説大賞に「そして隆太はニャーと鳴く」で入選しました。主な作品は「そして彼女は」シリーズ。「BLEACH」シリーズ。「しゃべるいきもの」、「とるこ日記」、「妖怪びしょ濡れおかっぱ」となっています。ほとんどの作品が挿絵入りの様で、読みやすい作品にもなっていそうです。また松原真琴は「クラシナ」というハンドルネームで「フミンフキュウ.」というウェブサイトも運営しています。そちらで彼女のより詳しい活動状況などが分かると思います。
また小説版「BLEACH」の出版されているジャンプj−BOOKSですが、こちらは週間少年ジャンプの連載漫画の小説化や、ジャンプ小説大賞受賞作や受賞作家のライトノベルなどを出版しています。
ジャンプ小説大賞受賞者には、前野重雄、定金伸治、村山由佳、小川一水、乙一、大崎知仁、松原真琴などがおり、村山由佳や乙一などは一般向け小説に現在移っている事も知られています。
漫画の楽しみ方のひとつとして、小説版を読んでみるというのも漫画やアニメとは違う良さがありそうだと思いました。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。