2007年11月14日

ロックミュージカル「BLEACH」

人気の出た漫画というのは、テレビアニメ化され、更に劇場版アニメ映画化され、という事はよく聞きますが、今回は更にミュージカル化までされた場合を見て行きたいと思います。
2001年に週間少年ジャンプで連載のスタートした「BLEACH」ですが、2004年にはテレビアニメの放送もスタート、2006年には全国東宝系で映画化もしました。そしてその前年の2005年、若手俳優により「ロックミュージカルBLEACH」が上演されました。このロックミュージカルは多彩な顔ぶれと、独特の世界観を持つ物語の展開など見事に再現し、大成功となりました。
この成功を元に、2006年冬に「ロックミュージカルBLEACH 再炎」としてより進化したミュージカルが上演されました。
そしてさらに2006年夏、「ロックミュージカルBLEACH」の最新公演が行われました。そしてその後も再演が重ねられ、最新の公演は2008年3月24日〜31日新宿コマ劇場で公演された「ロックミュージカルBLEACH DX」となっています。主なキャストは、黒崎一護を伊阪達也、朽木ルキアを佐藤美貴、阿散井恋次を森山栄冶、日番谷冬獅郎を永山たかし、市丸ギンを土屋裕一、井上織姫を吉井怜が担当しています。
「ミュージカル」ではなく「ロックミュージカル」という事からも、「BLEACH」のストーリーの再現などにはぴったりなミュージカルだったのではと予想されます。特にミュージカルという形は「BLEACH」ファンにはもちろん「BLEACH」を知らない人にも楽しめる要素があると思いますので、アニメのミュージカルかというのも面白い事だと思いました。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。