2007年11月14日

「BLEACH」用語

週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」、単行本も30巻まで出ていますし、人間以外の登場人物も数々出てきます、そして主要人物は「死神」と現実離れしたストーリーでもあると言えます。そんな「BLEACH」を分かりやすくする為に用語を詳しく見て行きたいと思います。
基本用語としては、魂の事を「魂魄」と呼びます、これは人間だけでなく全ての生き物が持つものです。その中でも「整(プラス)」は虚(悪霊)に堕ちていない通常の霊魂で、「半虚(デミ・ホロウ)」は虚に堕ちかけている整とされています。
「因果の鎖」とは生物が生きている間常に肉体と魂魄を繋いでいる物の事で、これが切れる事で魂魄は肉体に戻れなくなり死亡します。更にそのまま放置すると霊体に侵食が進み、侵食が到達すると人は虚になってしまいます。
「霊力」は魂魄が持つ霊なるものに働きかける能力で、ストーリー中で霊力が高い事は戦闘能力の高さにも繋がります。
「霊圧」とは霊体が発生する霊的な圧力で、霊体の調子によって常に強弱します。キャラクターの使う刀などによる攻撃はこの霊圧によって成されます。
そして「死神」とは、一般的な死神のイメージとは異なり、「BLEACH」独自の存在な様です。死神は霊界にある「護延十三隊」という組織に所属しており、迷い霊・整を霊界に送ったり、現世を荒らす虚から現世を守り、霊界と現世にある魂魄の量を均等に保つ事を役目としています。その戦闘方法は死神特有の「斬魄刀」による戦術を中心に、素手による術、移動術、呪術など「斬」「拳」「走」「鬼」の4種類があります。またその他にも細かい技などが数種類あるようです。
死神の所属する「護延十三隊」は各隊章ごとにそれぞれの花を持ち、その花言葉が各隊の特徴を示しています。一番隊・菊(真実と潔白)、二番隊・翁草
(何も求めない)、十二番隊・薊(復習・厳格・独立)、十三番隊・待雪草(希望)などの花言葉を持っています。
これらが主な用語ですが、原作を読んだり、アニメを見る内に更に詳しい用語なども出てくると思いますが、それもストーリー展開に併せて楽しみな点のひとつなのではと思います。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。