2007年11月14日

「BLEACH」の世界観

漫画やアニメには独特の世界観がよく存在するものですが、「死神」や悪霊の様な物の登場する「BLEACH」、どんな世界観がある作品なのでしょうか?
この作品では世界は三つに分けられているようで、現世、霊の世界、そして現世と霊の世界の間にある世界となっているそうです。
現世は「空座町」で、作中では東京にある普通の街となっています。アニメ版では神奈川県藤沢市の位置に存在しています。この空座町の中にクロサキ医院、空座一校、裏原商店、空座総合病院などストーリー中で重要な役割をする場所が存在します。
そして霊の世界は、貴族や死神の住む瀞霊廷、その周辺の死者の魂の住む流魂街に分かれています。瀞霊廷と流魂街街は暮らしや待遇に大きな差があるそうです。瀞霊廷には4つの門が存在し各門には霊の世界から選び抜かれた門番が警護している設定です。重力や日没があるので、球形と考えられます。
そして現世と霊の世界にある空間が虚園と呼ばれ、虚(悪霊)はここに普段潜んでいるそうです。この世界は砂漠の様になっていて、白い砂の砂漠の世界で水は存在しないそうです。石英という鉱物の様な物質で出来ていると思われる枯れ木が点々と存在するそうです。この世界は常に夜で月が現世とは反転して映っています。この虚園の中には虚夜宮という巨大な場所があり、反逆の死神達や破面(死神の能力を手に入れようとする虚(悪霊))の潜む城となっています。
そしてこの「BLEACH」の世界には「地獄」も存在するので、世界は4つとするのが正しいようですが、「地獄」についての詳細は不明だそうです。
世界観だけを見ても「BLEACH」、スケールの大きい作品になっているのではと思われます。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。