2008年04月24日

BLEACH 〜ヒート・ザ・ソウル5〜 最新情報





BLEACH(ブリーチ) 〜ヒート・ザ・ソウル5〜
メーカー希望小売価格 4,980円 (税込)


powerd by 楽市360



BLEACH(ブリーチ) 〜ヒート・ザ・ソウル5〜
の最新情報(最安情報、在庫情報)

対応機種 PSP
メーカー ソニー
ジャンル 3Dタッグ対戦格闘
発売日 2008年5月15日予定
価格 4980円(税込)
プレイ人数 1人


PSP「プレイステーション・ポータブル」専用ソフトウェア
『BLEACH〜ヒート・ザ・ソウル5〜』無料体験版ダウンロード

概要:
2対1の対戦(SE、ボイスあり、BGMなし)

プレイヤーキャラクター:
TAG(黒崎一護 卍解 & 内なる一護 卍解)

敵キャラクター:
シングル(グリムジョー)

PSPで無線LANを利用できる場合は、直接PSPにダウンロードすることができます。




posted by BLEACH at 10:58| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

「BLEACH」のストーリー

現在はアニメ番組と言ってもかなりの数、色々なジャンルの物が放送されています。幼児向けのものから中高生向け、男児向けや女児向けなど様々です。
その中でも「BLEACH」というアニメをご存知でしょうか。テレビ東京系列および21局ネットで放送中の番組ですが、これは元々週間少年ジャンプで現在も連載中の漫画が原作です。
そのストーリーをおおまかに見ていきたいと思います。
この作品の主人公は黒崎一護という霊感の強い男子高校生で、ある出来事から悪霊の退治者になってしまい、その主人公と仲間達の活躍を描いたストーリーになっています。作品中で、悪霊は虚(ホロウ)、退治者は死神となっています。「ある出来事」とは、死神の朽木ルキアという少女と黒崎一護が出会う所から始まり、最初主人公は死神の存在を信じていなかったのですが、実際に自分の家に人の魂を食べる虚が襲ってきた事により死神の存在を信じる事になります。一護はルキアから死神の力を貰うのですが、その為死神としてのほとんどの力をなくしてしまったルキアは自分の力が戻るまで一護に死神の代行を務めるよう迫ります。

その後ルキアは一護に死神の力を与えた罰として人間の世界ではない世界に取れ戻されますが、それを助ける為主人公は人間の言葉を喋る猫を先頭に、井上織姫、茶渡泰虎、石田雨竜という人物と共にその世界に潜入します。そしてルキアを助け、一護は再び人間の世界に帰り再び虚退治に奔走する毎日が続きますが、そんな中平子真子という人物が現れます。彼は死神から虚の領域に足を踏み入れたものでした。このころ破面という敵がルキアの居る世界から襲来しますがその破面と対峙して自分の無力さを知った一護は死神から虚の領域に足を踏み入れた「仮面の軍勢(ヴァイザ−ド)」の元で修行をします。
同時に破面が人間の世界に送り込まれた理由が分かり、それは藍染というキャラクターが王権を創り出す為に人間の世界(一護の住む街)を消す事を目論んでいる為でした。その様な中、藍染に仲間が連れ去られ、その救出の為に再び主人公達は再び人間の世界ではない世界に潜入します。
漫画とアニメではストーリーが多少異なる様ですが、だいたいがこの様なストーリーで現在も展開中だそうです。
「BLEACH」興味深いストーリーだったでしょうか?
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性登場人物

アニメ「BLEACH」とは死神の登場する話ですが、主人公は黒崎一護という霊感のある少年ですがその他女性登場人物にはどの様なキャラクターが居るのでしょうか?

まず準主役とも言える、朽木ルキアですが、彼女は護延十三隊の十三番隊に所属し人間の世界の空座町(主人公の住む町)を担当していました。護延十三隊とは、現世における魂の保護、虚の退治等を任務にする団体で、一隊約200人くらいの団体です。主人公が死神になるきっかけを与えた人物で、最初の内は一護をサポートしていますが、自身の力が強まった頃から共に闘う仲間になりました。1月14日生まれ、144cm33kgという設定になっています。
好きな食べ物はキュウリや白玉で甘党という設定だそうです。基本的に古風な言葉遣いをし、奔放で気の強い性格ですがデリケートな一面も持ち合わせたキャラクターです。

そしてもう一人ヒロインとも言える人物に井上織姫がいます。9月3日生まれ157cm45kgという設定で、主人公のクラスメートで一護に好意を寄せています。一護の死神の力に触発され稀有な能力を開花させます。髪は胡桃色のロングで、兄の形見であるという花型のヘアピンが特徴です。このヘアピンを触媒とした能力が開花しました。天然ボケでもありますが才色兼備であるキャラクターという設定です。

また一護の家族、クラスメート、護延十三隊の各隊長などにも数々の女性キャラクターが登場します。

戦いのシーンなどに迫力のある作風でもある様ですが、女性キャラクターにも華がある作品なのではと思います。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性登場人物

「BLEACH」、主人公は黒崎一護という少年ですが、この少年が死神となり虚などと闘うストーリーです。この作品には数々の登場人物が居ますが、その中でも男性登場人物に注目してみたいと思います。

まず石田雨竜という黒崎一護のクラスメイトです。この人物は絶滅したはずの「クインシー」の生き残りの一人です。「クインシー」とは虚(悪霊の総称)と闘うために霊力のある人間の集まった集団です。虚を退治する「死神」が自身の霊力を源として闘うのと異なり、虚と闘う為に色々な術を体得しています。過去に事件において支障である祖父が亡くなった事により死神を嫌っていましたが、一護と接するうちに一護達の傍に居るようになります。得意料理はサバの味噌煮で、手芸部、身長は171cm、体重55kg、11月6日生まれという設定です。

また一護のクラスメイトで中学時代からの親友に茶渡泰虎がいます。大柄で怪力という設定で、一護と行動を一緒にする事によりその能力を開花させます。大柄という事ですが、197cm112kgという設定になっています。誕生日は4月7日です。あだ名はチャドで日本人とメキシコ人のクォーターです。とても無口だが素朴で優しい性格です。霊感は全く無かったのですが、死神となった一護と行動を共にする事で固有の能力が開花します。右腕に鎧が装備され霊力による打撃を放てるようになります。「チャド」という名前はレッド・ホット・チリ・ペッパーズというアメリカ合衆国出身のロックバンドの一員のチャド・スミスからとったとされていて、チャド・スミスも「チャド」と同じく190cm以上ある巨漢だそうです。

また主要な男性人物のひとりに阿散井恋次が居ます。準主役の朽木ルキアの幼馴染で、赤い髪で刺青を入れているという設定ですが、安定して落ち着きのある性格です。身長は188cm78kgで8月31日生まれです。ルキアと同じく、自分達の住む世界を守ったり人間の世界の虚を退治したりする護延十三隊の隊員で、六番隊の副隊長です。一護達と行動を共にする事にもなる主要人物です。

この他にも多彩な人物が登場する「BLEACH」ですが、主な男性登場人物、今後もストーリー中どの様に活躍するのでしょうか。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢小説

小説といっても色々なジャンルがありますが、みなさんは「夢小説」や「ドリーム小説」という物を聞いた事があるでしょうか?
これは主にウェブ上で公開される小説で、特定の登場人物名を読者が自由に設定して読む事ができます。漫画やゲームなどのキャラクターとの恋愛を取り扱った作品が多いそうです。これは二次創作物と呼ばれ、著作権の発生している作品のストーリーや世界観などの各設定を元に、本来の著者以外の第三者が制作する独自の漫画や小説等の事です。読者は夢小説の主人公(主にヒロイン)に自身の名前を付ける事により疑似恋愛など特殊な感情移入を楽しむ事ができます。1998年ころ誕生しその後普及したと考えられますが、女性読者が大多数な為主人公はヒロインの場合が多いらしいのですが、名前変換できる対象が動物や、男性であるものや、恋愛要素の無いものなど色々なタイプの夢小説が登場してきているそうです。
一般的に言われる「おたく」の世界に近いのではと思われます。しかし単なる「おたく」としてではなくインターネットの文化としても夢小説は位置づけられているらしいです。
「BLEACH」にも夢小説は数多くあり、インターネットの検索で様々なヒットがあります。興味のある方は更に詳しく検索などしてみると色々な事が分かると思われます。大手検索サイトの検索結果の頭には、「BLEACH」の作者の作品を中心に扱った夢小説のサイトが登場します。夢小説のブログというものもあるそうです。多くの場合は書き手が女性であり、読む側も女性である事を想定して書かれているそうなので女性向けの文化とも言えると思います。
著作権に関しては、二次作品を全面禁止している出版社などもあるようですが、そんな中でも広がりを見せる文化のひとつであるようです。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画第一弾

雑誌連載などの人気漫画がアニメ化し、さらに人気が出てくると劇場版アニメ公開!というパターンはとても多いですが、そんな中でも過去に劇場版の製作されたアニメ「BLEACH」の第一弾劇場版に注目してみたいと思います。

タイトルは「MEMORIES OF NOBODY」ですが、この映画は2006年12月16日に東宝系で公開されました。監督は阿部記之で、脚本は十川誠志、主な出演者は森田成一、折笠富美子、伊藤健太郎、置鮎龍太郎などです。台湾では2007年11月9日から公開されています。
ストーリーは、「BLEACH」の主人公の人間の少年黒崎一語が霊の世界に霊力を与えてくれた少女ルキアを助ける為に潜入し、抗争しますがその後、主人公が現世で、引き続き霊力によって悪霊を退治する力を使う「死神代行」を務める中、再びルキアも現世に霊の世界から派遣されてきます。その頃空座町(一護の住む世界)で欠魂と呼ばれる認識不能の霊が発生し、「世界崩壊」の前触れとされる事態が起きます。それは全て厳龍というキャラクターの率いるダークワンという団体による事態でした。そしてその頃主人公とルキアは茜雫という死神の少女と出会い、霊の世界では現世での事態に対し、霊の世界を守ったり現世で悪霊を退治する団体の隊長の一人日番谷冬獅郎にある特命が下され、そんな事から劇場版「MEMORIES OF NOBODY」のストーリーが展開していきます。

一護とルキアが出会う死神の茜雫は劇場版アニメのオリジナルキャラクターの一人で、ストーリー中重要な役割を果たすようです。

この映画の主題歌は「千の夜をこたえて」というAqua Timezというアーティストの歌った曲で、映画の完成披露試写会でAqua Timezのシークレットライブも行われたそうです。またゲスト声優には安田大サーカス、森下千里なども登場し、両ゲスト声優とも舞台あいさつにも登場したそうです。

この「MEMORIES OF NOBODY」は限定版、通常版、レンタル全てが2007年9月にDVD発売されており、現在でも楽しむ事ができます。「BLEACH」の漫画原作、TVアニメ版とはまた違うストーリーやキャラクターも登場する劇場版ですので、漫画、TVアニメとは違う面白さがみつかるのではないでしょうか。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画第二弾

「BLEACH」というと、TVアニメや漫画が思い浮かぶ人も多いのではと思いますが、人気のある作品の為やはり劇場版アニメも製作されているようです。
第一弾は2006年に公開された「MEMORIES OF NOBODY」ですが、第二弾は2007年12月22日公開予定の「The DiamondDust Rebellionもう一つの氷輪丸」という作品で、監督は第一弾と同じく阿部記之監督です。
この作品は人気キャラクターの日番谷冬獅郎を中心に展開するストーリーで、霊の世界にある秘宝「王印」が謎の集団に奪われる所から始まるそうです。この秘宝を運搬していたのが日番谷等でした。首謀者と闘っていた日番谷が同時期に秘宝と共に失踪を遂げます。その後日番谷が逃亡したという報告を聞いていた主人公の一護の元に傷を負った日番谷が運ばれてきます。ここに謎の虚(悪霊)が乱入し日番谷を迎えに来たと言い日番谷は否定を一切せずその場を去ります。その頃ルキアと恋次というキャラクターが乱菊というキャラクターの依頼で霊の世界から現世に向かい主人公と合流します。霊の世界では日番谷が残した言葉を元に調査が開始され、日番谷が残した「草冠」という言葉は主人公やルキア、日番谷と同じく「死神」の名前ですでに死亡している事が分かります。霊の世界での更なる調査や、現世に派遣されていた部隊も何者かに襲撃され負傷・全滅します。二ヶ所の現場には日番谷の武器である氷輪丸の攻撃跡らしきものが残っている事が分かり、この様な事から霊の世界では日番谷処刑の決定が下されます。日番谷は漫画やTVアニメ中などでは主人公一護やその仲間達と仲の良い存在として登場しています。

公開は12月22日ですが、すでに前売り券予約なども開始されているそうで、ローソン特別前売り券にはナビゲートCD、劇場販売前売り券には特典のミニボイスポスターが付いていた様です。

第一弾「MEMORIES OF NOBODY」と同じく劇場版のみのオリジナルキャラクターも登場し、「BLEACH」ファンの人々などには必見の作品となるのではないでしょか。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメ版「BLEACH」

現在放送されているアニメ、日本の番組はほとんどが原作漫画を持つものですが、その中でも週間少年ジャンプで連載中の「BLEACH」これもstudioぴえろ制作でアニメ化されている作品のひとつです。
アニメ版は漫画原作とストーリーやキャラクターの点などで違いが出てくる事も多いそうなのですが、「BLEACH」のアニメ版にも原作には無いオリジナルストーリーがいくつもあり、最初の内のストーリー展開も漫画原作よりも速めだったそうです。原作との違いを細かく見てみると、まず原作に含まれるグロテスクな表現はアニメ化にあたって和らげられているそうです。一話からストーリーが多少原作と違うようです。また主人公の一護が死神の仕事を手伝う決意をするまでの経緯も変わってきています。
週間少年ジャンプの開催するジャンプフェスタでテレビアニメ化が本格化される以前にグランドフィッシャー編という部分がアニメ化されており、グランドフィッシャー編はストーリーが大幅に変更されオリジナルキャラクターも登場しています。水色というキャラクターの海外旅行先がプーケットからハワイに変更されますが、これはプーケットがインド洋大地震で津波被害を受けた事からです。またコンというキャラクターのぬいぐるみが捨てられた場所が道端からゴミ捨て場に変更になっています。その他にも数々の変更点があるのですが、道徳的な点での変更も見られるようなので、テレビ化らしい事だと思いました。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲーム版「BLEACH」

雑誌掲載で人気が出て漫画がテレビアニメ化するというのはよく聞く話ですが、週間少年ジャンプで連載中の「BLEACH」もそのうちのひとつです。そしてアニメがある程度の期間放送されると、劇場版アニメの登場や、色々なキャラクターグッズも販売される様になると思いますが、またテレビゲームというのも人気のあるアニメには欠かせない商品なのではないでしょうか。
現在「BLEACH」のゲームは、プレイステーション系のものと任天堂系と二種類あり、登場人物もそれぞれに違いがあるそうです。ゲームオリジナルのストーリーもあり原作を補完する様な役割もあるそうです。
プレイステーション系には主にヒートザソウルシリーズとブレイドバトラーズシリーズがあり、任天堂系にはBLEACH DSシリーズやゲームボーイアドバンス版、任天堂ゲームキューブ版、Wii版などがあるようです。
プレイステーション系のヒートザソウルシリーズ、これは2005年に発売された「BLEACH」最初のゲーム版ですが、プレイモードはSTORYモード、VS VERSUSモード、TIME ATTACKモードなど6種類用意されており、様々な種類のゲームが一枚で楽しめる様になっているようです。
やはりヒートザソウルにも原作者によるオリジナルストーリーが含まれており、漫画やアニメと併せて楽しむ事も出来る様になっています。
また任天堂からも、RPG型のゲームや対戦型のゲームなども販売されているようで、「BLEACH」のゲームとひと言に言っても様々な種類があるようです。
ゲーム版「BLEACH」もまたアニメ版、漫画版とは違った迫力などもあり、違う楽しみ方のできるものになっているのではと思います。ゲーム版ではアニメ版とは異なる音楽なども合わせて楽しめそうです。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主題歌

現在週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」、2004年からテレビアニメ化され現在も放送中ですが、テレビアニメ化に付き物のひとつとして主題歌の存在があります。
「BLEACH」のオープニングとエンディング曲は共にソニーミュージックエンタテインメントの歌手が担当しています。今までに発表された主題歌はほとんどがオリコンチャートで上位ランクに入っており、オープニング曲は全てがトップ10に入っています。これらの曲を集めて作られたベストアルバムが第21回日本ゴールドディスク大賞アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞し、20万枚を売り上げる作品となりました。
主なオープニング曲は、「アスタリスク」ORANGE RANGE、「D tecno Life」UVERworld、「一輪の花」HIGH and MIGHTY COLOR、「TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT」BEAT CRUSADERS、「Rolling star」YUI、「ALONES」Aqua Timez、「アフターダーク」ASIAN KUNG−FU GENERATIONの順で歌われています。
エンディング曲は「ほうき星」ユンナ、「LIFE」YUI、「HANABI」いきものがかり、「MOVIN!」タカチャ、「桜日和」星村麻衣、「爪先」オレスカバンド、「橙」チャットモンチー、「種をまく日々」中孝介などが順に歌われています。
またアニメ主題歌以外にも、サウンドトラック、ゲーム版「BLEACH」のCD曲、キャラクター別のイメージアルバム、ラジオを収録したアルバムなど注目のCDが数々出されているようです。
漫画のアニメ化は映像にも迫力などがあるものですが、併せてストーリー中の音楽やオープニングやエンディング曲にも注目してみるのもアニメの楽しみ方のひとつだと思います。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブレイドバトラーズ1・2

週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」、テレビアニメ化されていますが、テレビアニメ化につづいてやはりゲーム化もされています。「BLEACH」のゲーム版は任天堂(SEGA)とソニー・コンピューターエンタテインメント(プレイステーション)2社から出ていますが、2005年にプレイステーション用に「ヒート・ザ・ソウル」シリーズが出てから次々に新しいゲームが登場しています。
そこで注目したいのがやはり最新のシリーズなのですが、ヒート・ザ・ソウルシリーズの後にだされたブレイド・バトラーズシリーズ、これがプレイステーション用に出されたゲームの最新の物になります。ブレイド・バトラーズシリーズの特徴は、最大4人まで参戦可能な対戦式のゲームで、各キャラクターに通常攻撃方法と、必殺技が用意されています。2007年9月にはブレイド・バトラーズ2も発売され、こちらもゲームには4人まで参戦可能で、ゲームモードとしてはストーリーモード、バトラーズモード、フリーバトルモード、新モードとして「ひよ里の特訓教室」があります。ストーリーモードはゲームだけのオリジナルストーリーが楽しめるようになっています。オリジナルストーリーは笑いもある楽しめるストーリー展開になっているようです。対戦などで使えるキャラクターは36人おり豊富といえます。また漫画原作などでも登場するや浦原商店が登場し、そこでのアイテム購入でキャラクターにちょっとした着せ替えなどもできるようでバトル以外にも楽しめる要素が色々と含まれたゲーム内容になっているようです。シリーズ1作目より2作目の方が内容など充実しているようですが、その分難易度も上がっているそうです。
さらに2007年2月15日にはニンテンドーDS用の「BLEACH DS 2nd黒衣ひらめく鎮魂歌」が発売と、今後もゲーム版「BLEACH」の存在も気になる所です。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「BLEACH」の世界観

漫画やアニメには独特の世界観がよく存在するものですが、「死神」や悪霊の様な物の登場する「BLEACH」、どんな世界観がある作品なのでしょうか?
この作品では世界は三つに分けられているようで、現世、霊の世界、そして現世と霊の世界の間にある世界となっているそうです。
現世は「空座町」で、作中では東京にある普通の街となっています。アニメ版では神奈川県藤沢市の位置に存在しています。この空座町の中にクロサキ医院、空座一校、裏原商店、空座総合病院などストーリー中で重要な役割をする場所が存在します。
そして霊の世界は、貴族や死神の住む瀞霊廷、その周辺の死者の魂の住む流魂街に分かれています。瀞霊廷と流魂街街は暮らしや待遇に大きな差があるそうです。瀞霊廷には4つの門が存在し各門には霊の世界から選び抜かれた門番が警護している設定です。重力や日没があるので、球形と考えられます。
そして現世と霊の世界にある空間が虚園と呼ばれ、虚(悪霊)はここに普段潜んでいるそうです。この世界は砂漠の様になっていて、白い砂の砂漠の世界で水は存在しないそうです。石英という鉱物の様な物質で出来ていると思われる枯れ木が点々と存在するそうです。この世界は常に夜で月が現世とは反転して映っています。この虚園の中には虚夜宮という巨大な場所があり、反逆の死神達や破面(死神の能力を手に入れようとする虚(悪霊))の潜む城となっています。
そしてこの「BLEACH」の世界には「地獄」も存在するので、世界は4つとするのが正しいようですが、「地獄」についての詳細は不明だそうです。
世界観だけを見ても「BLEACH」、スケールの大きい作品になっているのではと思われます。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「BLEACH」の声優陣

漫画のアニメ化というと、読者の中には賛成派の人も反対派の人も出てくると思うのですが、反対する理由には自分の持っていたイメージとアニメが違い過ぎる、という様な事もあると思うのですが、イメージについてはキャラクターの外見の事やアニメ化というとやはり色使いなども大きいと思うのですが、キャラクターの「声」というのも大きくイメージを左右するのではと思います。
アニメ「BLEACH」この作品、声優にはどの様な顔ぶれが揃っているのでしょうか?
まず「BLEACH」の主役黒崎一護の声は森田成一、少年時代は松岡由貴です。そして朽木ルキアの声は折笠富美子、井上織姫は松岡由貴、石田雨竜は杉山紀彰、茶渡泰虎は安元洋貴、コンは真殿光昭、阿散井恋次は伊藤健太郎が声を担当しています。また黒埼一護の家族の父親黒崎一心は森川智之、妹の黒崎遊子は瀬那歩美、黒崎夏梨は釘宮理恵、黒崎真咲は大原さやかが声を担当しています。
中でも主人公の一護役の森田成一は青二プロダクション所属の声優で、俳優も演じる人物です。主なテレビアニメの声優は2003年に「テニスの王子様」田代役、「ロックマンエグゼ」城戸役、「アクアキッズ」ジーノ役、「起動戦士ガンダムSEED」アウル・ニーダ役、「名探偵コナン」福間良介訳、「リングにかけろ」高嶺竜児役、「ONE PIECE」マルコ役、2008年は「MAJOR」佐藤寿也役を演じています。
やはり漫画のテレビアニメ化、声優陣にも期待のかかる作品となってくるのではと思います。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフターダーク

テレビアニメに主題歌はつき物ですが、週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」、アニメ化に伴って現在までに数々の主題かも発表されてきました。そんな中でも「BLEACH」のオープニングを飾るオープニング主題歌に注目してみたいと思います。中でもアニメ第144話から流れている「アフターダーク」について、これはどの様な音楽なのでしょうか?
「アフターダーク」を歌うのはASIAN KUNG_FU GENERATIONというグループです。この曲は2007年11月7日に約一年ぶりにリリースされたニューシングルで、闇を切って飛び立つような疾走感溢れる曲になっているそうです。同時に「由比ヶ浜カイト」もシングルに収録されておりこちらの曲は「アフターダーク」とは対照的な曲になっています。ASIAN KUNG_FU GENERATIONの「アフターダーク」以前のシングル曲としては2006年に「或る街の群青」、「ワールドアパート」、「ブルートレイン」、「君の街まで」、「リライト」、「ループ&ループ」、「サイレン」、「君という花」、2003年に「未来の破片」とリリースが並んでいます。
CDアルバムは2003年の「崩壊アンプリファー」、「君繋ファイブエム」、
2006年の「フィードバックファイル」など7枚ほどリリースされているようです。
ASIAN KUNG_FU GENERATIONはボーカル&ギター後藤正文、ベース&ギター山田貴洋、ドラム伊地知潔、ギター&ボーカル喜多健介からなるグループで、結成は1996年の大学の音楽サークルだったそうです。
2002年に初の正式な音源となるミニアルバム「崩壊アンプリファー」をリリースし、このミニアルバムが2003年に再びリリースされ、同年5月に初のワンマンライブを下北沢SHELTERで行います。その後ライブやアルバムのリリースを続け現在に至ります。音源以外に、「春か、遥か。」、「ゴッチ記録―GOTCH GO ROCK!―」、「夏、無限。」3冊の書籍も発売されており、書籍からもASIAN KUNG_FU GENERATIONについて分かることがありそうです。
アニメ「BLEACH」最新のオープニングテーマ曲を歌うASIAN KUNG_FU GENERATIONですが、アニメと併せて聴いても個別に聴いても魅力ある曲を歌っているのではないでしょうか。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルキア

週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」、テレビアニメ化もされ、人気の作品なようですが、人気の出る作品というのは、ストーリーはもちろんの事、キャラクターにも魅力がある作品が多いのではと思います。
「BLEACH」の主役は黒崎一護という高校生の少年ですが、もう一人注目すべきが準主役とも言える朽木ルキアです。
「ルキア」とはラテン語の女性名で光に由来するそうです。イタリアシチリア生まれの聖女は『聖ルキア』と呼ばれ、日本でも漫画やアニメ、ゲームなどのキャラクターに度々使われる名前なようです。
「BLEACH」の朽木ルキアは人間ではなく「死神」として登場しますが、「BLEACH」における「死神」は一般的な死神とは異なる「BLEACH」オリジナルの設定としてストーリーの中心的な概念となっています。その「死神」が所属する部隊の十三番隊に所属するルキアですが、主人公が住む街を担当していた為、主人公の一護と出会う事になります。
ルキアの見た目などは小柄で気品がある様な風貌をした少女で、古風な言葉遣いで話すという設定です。また気が強く奔放な面と悩みやすい繊細な一面を持ち合わせた性格となっています。特にウサギのグッズに目が無くアニメでは「チャッピー」に似ているという事からぬいぐるみ姿の「蔵人」を気に入るという場面も見られます。また何かを説明する際に自作のイラストを用いるという事をします。そのイラストが上手ではないという事も特徴のひとつです。
出身は霊の世界の「戌吊」で、真央霊術院という場所に入った後大貴族の朽木家の養子となります。その後十三番隊に入隊したりと、色々なエピソードがそれまでも入隊後もあります。色々なエピソードを詳しく見てみると、現在のルキアの性格などがどの様に出来てきたのかなどがよく分かるのではと思います。
死神の能力を使うための刀の名前は「袖白雪」でこれは冷気を用いた技を繰り出す氷雪系の刀だそうです。技には「初の舞・月白」、「次の舞・白漣」、「参の舞・白刀」などがあるそうです。
アニメでの声優は折笠富美子、ミュージカル「BLEACH」での俳優は佐藤美貴となっています。
冷静な面や可愛らしい面も持ち合わせるキャラクターな様ですが、さらに詳しい面もアニメや漫画を見るうちによく分かってきそうです。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「BLEACH」30巻

週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」ですが、この漫画は書店などでも「人気漫画」と共に並べられそうですが、今回はその中でも単行本の最新刊について注目してみたいと思います。
現在「BLEACH」は30巻まで発売されているらしく、「長期連載漫画」ともいえます。30巻は2007年10月4日に発売されましたが次の31巻は2007年12月4日発売予定だそうなのでもう間近という事にもなります。
内容的には、茶渡というキャラクターの変化や、主人公達に危機が迫り、ルキアのアーロニーロとの対峙などが主な様です。アーロニーロとは十刃の一人で、仮面をしていますが、その仮面の下の正体も明らかになるそうです。仮面の下には意外とも言える正体が隠されているようです。
表紙は海燕というキャラクターなようで、副題は「THERE IS NO HEART WITHOUT YOU」でそれが目印になりそうです。表紙のキャラクターは笑顔なのですが、それに反してそのキャラクターの悲しいエピソードなども含まれているそうです。
最初のうちにルキア奪還のストーリーが展開し、現在は織姫奪還のストーリーで基本設定は似ているが織姫奪還のストーリーに関しては内容がイマイチと考える人も居るようです。しかしこの30巻などはルキアファンの読者にとっては嬉しい巻とも言えるので、様々な期待も持てそうです。
現在はインターネットや携帯の電子コミックスも盛んですが、書店に単行本の新刊を買いに行くというのも日々の楽しみのひとつでもあると言えるのではと思います。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ZOMBIE POWDER」

現在週間少年ジャンプで連載中の「BLEACH」、作者は久保帯人ですが、久保帯人の「BLEACH」以前の作品をご存知でしょうか?中でもデビューから3年後の1999年から2000年まで週間少年ジャンプで連載された「ZOMBIE POWDER」という漫画に注目してみたいと思います。ちなみに「BLEACH」はこの「ZOMBIE POWDER」連載修了直後に連載が開始された作品です。
「ZOMBIE POWDER」は現在単行本が全4巻出ています。劇場版「BLEACH」にも一部キャラがリファインされて使われている事でも知られていますが、この漫画のタイトルでもある「ゾンビパウダー」は、死者をよみがえらせて、生きている者を不死にすることの出来る粉末です。主な舞台は「ウィスター州」で、世界中に散らばる12個の「死者の指輪」を集めて生成させる目的が主人公にあるようです。
主人公は芥火ガンマで、通称は「黒腕の死神」で、武器はチェーンソーのような剣です。放浪中のS0(エスゼロ)級の犯罪者で賞金額は9億6千ニートという設定です。他に姉をゾンビパウダーで生き返らせようとするジョン・得るウッド・シェパード、その姉のシェリル・アン・シェパードが登場します。またC.T.スミスというガンマの相棒は武器に2丁の拳銃を持っています。その他にシェパード家が経営していた店を潰したギャングのボスムジャータ・キンクロ、カメラマンの仕事をしながら死者の指輪に喰われた弟を治すための金を集めているウルフギャンギーナ・ララ・ジェット。そして通称「魔術師」バルムンクのバラ−ニュ・ビノワ・バルトルイユ・バルムンクという、A0(エーゼロ)級犯罪者も出てきます。彼は変なテントと変なサーカス団を率いて世界中を旅しています。
単行本全4巻の中には、「ULTRA UNHOLY HEARTED MACHIN」、「刻魔師 麗」、「BAD SHIELD UNITED」などの読み切り作品も含まれているので「ZOMBIE POWDER」は短編漫画とも言えますが、「BLEACH」の前進漫画として描かれていた漫画としても興味深い作品なのではと思います。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コスプレ

コスプレといっても色んなジャンルがあると思いますが、その中でもアニメ・マンガのコスプレはコスプレの代表でもあるといえるのではと思います。コスプレの定義とは、アニメ、漫画、ゲーム、歌手等の愛好家が、お気に入りのキャラクターの着ている衣装を真似て作り身に付ける事でそのキャラクターに成りきる事を言います。日本でのコスプレの始まりは1976年頃と言われていて、同人誌即売会で「海のトリトン」や「機動戦士ガンダム」のコスプレをした人が出現し、アニメや同人誌関係の「ファンロード」が掲載した事からと言われています。この頃はアニメのキャラクターのコスプレがほとんどでしたが、この後本格的に90年代頃本格的にコスプレが広まる事になります。この頃「新世紀エヴァンゲリオン」が放送され、同人サークルと共にコスプレという単語が注目されました。コスプレには学生服、メイド服など息の長いコスプレもあります。最近では秋葉原などにコスプレした店員の居るメイド喫茶なども登場しました。
現在はアニメやゲームのキャラクターの中で自分に合っているキャラクターを選んでコスプレするというのがほとんどで、それぞれの人が自分が写真などに撮られる立場としてポージングの研究などもするそうです。コスプレのイベントと一言で言っても種類は様々なようです。好きな漫画やアニメなどのジャンルの人やそうでない人とまで交流できたり、普段の自分とは違う自分を表現できるのがコスプレの醍醐味という人もいるみたいです。
コスプレの人気作品といっても色々ですが、「ローゼンメイデン」、「ガンダムSEED」、「遥かなる時空の中で」、「テニスの王子様」、「銀魂」、「BLEACH」などが人気のあるコスプレが豊富な作品だそうです。中でも「BLEACH」のコスプレは色々な会場で必ず見かけるほど多いそうで、その理由としては「BLEACH」でキャラが着用する和服はとても作りやすく、リメイクもしやすいようです。また男女問わず着用しやすい服ともいえるそうです。コスプレ衣装は自分で作る以外にも購入という方法もあるようですが、「BLEACH」の中でも、破面(アランカル)という集団の制服のような衣装や、主要なキャラクターの制服のような衣装などが人気なようです。インターネットで購入できるサイトも沢山あるようですが、コスプレの楽しみの一つに自分で衣装を制作するという事も含まれていそうです。
「BLEACH」のみならずいろいろな漫画の楽しみ方のひとつにコスプレというものもあるようです。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週間少年ジャンプ

アニメや漫画で「BLEACH」を見かけた事のある人も「BLEACH」というタイトルくらいは聞いたことのある人も居るのではと思いますが、この漫画は週間少年ジャンプで連載中の人気漫画なようです。
週間少年ジャンプといっても歴史のある漫画雑誌ですが、その中でも「BLEACH」と同時期から現在までに連載の開始した作品には「SAND LAND」「BLACK CAT」、「ピューッと吹く!ジャガー」、「ボボボーボ・ボーボボ」、「いちご100%」、「アイシールド21」、「武装錬金」、「DEATH NOTE」、「銀魂」、「家庭教師ヒットマンREBORN!」、「D.Gray−man」、「魔人探偵脳噛ネウロ」などが連載されており、アニメ化されている作品も数多く在ります。
中でも「DEATH NOTE」は、アクションがほとんど無く、台詞を重視した展開で話が進むという内容と表現という従来のジャンプにはないタイプの作品でありましたが、単行本初版100万部最速売り上げ記録を作りました。「DEATH NOTE」とは原作を大場つぐみ、作画は小畑健が担当した漫画です。
またこれを原作とする実写映画、小説、アニメ、ゲーム作品も指します。
名前を書かれるとその人間は死んでしまうという死神の「デスノート」を偶然手に入れ、「デスノート」を使用して犯罪者を次々と粛清する主人公と、大量殺人犯として主人公を追う名探偵との戦いを描いた物語となっています。
週間少年ジャンプとは日本において集英社が発行する少年向けの漫画雑誌とされていますが、その読者層は幅広く、女性などの読者も多いようです。「DEATH NOTE」と同じく「死神」の登場する「BLEACH」ですが、この漫画も少年向けに描かれたものなのかもしれませんが、その読者層は幅広いものになっているのではと思います。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画の演劇化

現在週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」ですが、人気漫画にはよく見られるように、アニメ化や、劇場版アニメ化、ゲーム化などもされています。アニメ化や劇場版アニメ化は人気漫画にはつきものにも思えますが、「BLEACH」の場合は演劇化もされています。正確にはロックミュージカル化で数々の「ロックミュージカルBLEACH」が公演されて来ています。
漫画のミュージカル化(演劇化)というと少し珍しい事にも思えるのですが、ロックミュージカル「BLEACH」以外に演劇化された漫画にはどの様なものがあるのでしょうか。
まず秋元治の「こちら葛飾区亀有公園前発出所」は演劇化された事があるそうです、そして彩花みんの「赤ずきんチャチャ」、池田理代子の「ベルサイユのばら」は宝塚が演劇化した事でも有名です、また樹なつみの「OZ」、今市子の「百鬼夜行」、岸本斉史の「NARUTO」、久米田康治の「かってに改蔵」、車田正美の「聖闘士星矢」、許斐剛の「テニスの王子様」、さいとうちほの「少女革命ウテナ」、清水玲子の「月の子」、竹内直子の「美少女戦士セーラームーン」、田島昭宇の「多重人格探偵サイコ」、手塚治虫の「火の鳥」、「ブラック・ジャック」、「陽だまりの樹」、「アドルフに告ぐ」、「リボンの騎士」、「七色いんこ」、「ブッダ」、「どろろ」、富樫義博の「HUNTER×HUNTER」、萩尾望都の「トーマの心臓」、「半神」、「11人いる」、「メッシュ」、藤子・F・不二雄の「SF短編集」、松本零士の「銀河鉄道999」、「1000年女王」、美内すずえの「ガラスの仮面」、峰倉かずやの「最遊記」、モンキー・パンチの「ルパン三世」、大和和紀の「あさきゆめみし」、「はいからさんが通る」、吉田秋生「BANANAFISH」などが演劇化されています。
演劇化された漫画のタイトルを見る限り、古い作品の割合も多く、そんな中でも「BLEACH」は最近の劇場化された漫画作品の代表ともいえるのではと思いました。特にストーリー的にも演劇化は難しい物にも思えますがそこを演劇化した所も注目できる点だと思いました。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。