2007年11月14日

ルキア

週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」、テレビアニメ化もされ、人気の作品なようですが、人気の出る作品というのは、ストーリーはもちろんの事、キャラクターにも魅力がある作品が多いのではと思います。
「BLEACH」の主役は黒崎一護という高校生の少年ですが、もう一人注目すべきが準主役とも言える朽木ルキアです。
「ルキア」とはラテン語の女性名で光に由来するそうです。イタリアシチリア生まれの聖女は『聖ルキア』と呼ばれ、日本でも漫画やアニメ、ゲームなどのキャラクターに度々使われる名前なようです。
「BLEACH」の朽木ルキアは人間ではなく「死神」として登場しますが、「BLEACH」における「死神」は一般的な死神とは異なる「BLEACH」オリジナルの設定としてストーリーの中心的な概念となっています。その「死神」が所属する部隊の十三番隊に所属するルキアですが、主人公が住む街を担当していた為、主人公の一護と出会う事になります。
ルキアの見た目などは小柄で気品がある様な風貌をした少女で、古風な言葉遣いで話すという設定です。また気が強く奔放な面と悩みやすい繊細な一面を持ち合わせた性格となっています。特にウサギのグッズに目が無くアニメでは「チャッピー」に似ているという事からぬいぐるみ姿の「蔵人」を気に入るという場面も見られます。また何かを説明する際に自作のイラストを用いるという事をします。そのイラストが上手ではないという事も特徴のひとつです。
出身は霊の世界の「戌吊」で、真央霊術院という場所に入った後大貴族の朽木家の養子となります。その後十三番隊に入隊したりと、色々なエピソードがそれまでも入隊後もあります。色々なエピソードを詳しく見てみると、現在のルキアの性格などがどの様に出来てきたのかなどがよく分かるのではと思います。
死神の能力を使うための刀の名前は「袖白雪」でこれは冷気を用いた技を繰り出す氷雪系の刀だそうです。技には「初の舞・月白」、「次の舞・白漣」、「参の舞・白刀」などがあるそうです。
アニメでの声優は折笠富美子、ミュージカル「BLEACH」での俳優は佐藤美貴となっています。
冷静な面や可愛らしい面も持ち合わせるキャラクターな様ですが、さらに詳しい面もアニメや漫画を見るうちによく分かってきそうです。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「BLEACH」30巻

週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」ですが、この漫画は書店などでも「人気漫画」と共に並べられそうですが、今回はその中でも単行本の最新刊について注目してみたいと思います。
現在「BLEACH」は30巻まで発売されているらしく、「長期連載漫画」ともいえます。30巻は2007年10月4日に発売されましたが次の31巻は2007年12月4日発売予定だそうなのでもう間近という事にもなります。
内容的には、茶渡というキャラクターの変化や、主人公達に危機が迫り、ルキアのアーロニーロとの対峙などが主な様です。アーロニーロとは十刃の一人で、仮面をしていますが、その仮面の下の正体も明らかになるそうです。仮面の下には意外とも言える正体が隠されているようです。
表紙は海燕というキャラクターなようで、副題は「THERE IS NO HEART WITHOUT YOU」でそれが目印になりそうです。表紙のキャラクターは笑顔なのですが、それに反してそのキャラクターの悲しいエピソードなども含まれているそうです。
最初のうちにルキア奪還のストーリーが展開し、現在は織姫奪還のストーリーで基本設定は似ているが織姫奪還のストーリーに関しては内容がイマイチと考える人も居るようです。しかしこの30巻などはルキアファンの読者にとっては嬉しい巻とも言えるので、様々な期待も持てそうです。
現在はインターネットや携帯の電子コミックスも盛んですが、書店に単行本の新刊を買いに行くというのも日々の楽しみのひとつでもあると言えるのではと思います。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ZOMBIE POWDER」

現在週間少年ジャンプで連載中の「BLEACH」、作者は久保帯人ですが、久保帯人の「BLEACH」以前の作品をご存知でしょうか?中でもデビューから3年後の1999年から2000年まで週間少年ジャンプで連載された「ZOMBIE POWDER」という漫画に注目してみたいと思います。ちなみに「BLEACH」はこの「ZOMBIE POWDER」連載修了直後に連載が開始された作品です。
「ZOMBIE POWDER」は現在単行本が全4巻出ています。劇場版「BLEACH」にも一部キャラがリファインされて使われている事でも知られていますが、この漫画のタイトルでもある「ゾンビパウダー」は、死者をよみがえらせて、生きている者を不死にすることの出来る粉末です。主な舞台は「ウィスター州」で、世界中に散らばる12個の「死者の指輪」を集めて生成させる目的が主人公にあるようです。
主人公は芥火ガンマで、通称は「黒腕の死神」で、武器はチェーンソーのような剣です。放浪中のS0(エスゼロ)級の犯罪者で賞金額は9億6千ニートという設定です。他に姉をゾンビパウダーで生き返らせようとするジョン・得るウッド・シェパード、その姉のシェリル・アン・シェパードが登場します。またC.T.スミスというガンマの相棒は武器に2丁の拳銃を持っています。その他にシェパード家が経営していた店を潰したギャングのボスムジャータ・キンクロ、カメラマンの仕事をしながら死者の指輪に喰われた弟を治すための金を集めているウルフギャンギーナ・ララ・ジェット。そして通称「魔術師」バルムンクのバラ−ニュ・ビノワ・バルトルイユ・バルムンクという、A0(エーゼロ)級犯罪者も出てきます。彼は変なテントと変なサーカス団を率いて世界中を旅しています。
単行本全4巻の中には、「ULTRA UNHOLY HEARTED MACHIN」、「刻魔師 麗」、「BAD SHIELD UNITED」などの読み切り作品も含まれているので「ZOMBIE POWDER」は短編漫画とも言えますが、「BLEACH」の前進漫画として描かれていた漫画としても興味深い作品なのではと思います。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コスプレ

コスプレといっても色んなジャンルがあると思いますが、その中でもアニメ・マンガのコスプレはコスプレの代表でもあるといえるのではと思います。コスプレの定義とは、アニメ、漫画、ゲーム、歌手等の愛好家が、お気に入りのキャラクターの着ている衣装を真似て作り身に付ける事でそのキャラクターに成りきる事を言います。日本でのコスプレの始まりは1976年頃と言われていて、同人誌即売会で「海のトリトン」や「機動戦士ガンダム」のコスプレをした人が出現し、アニメや同人誌関係の「ファンロード」が掲載した事からと言われています。この頃はアニメのキャラクターのコスプレがほとんどでしたが、この後本格的に90年代頃本格的にコスプレが広まる事になります。この頃「新世紀エヴァンゲリオン」が放送され、同人サークルと共にコスプレという単語が注目されました。コスプレには学生服、メイド服など息の長いコスプレもあります。最近では秋葉原などにコスプレした店員の居るメイド喫茶なども登場しました。
現在はアニメやゲームのキャラクターの中で自分に合っているキャラクターを選んでコスプレするというのがほとんどで、それぞれの人が自分が写真などに撮られる立場としてポージングの研究などもするそうです。コスプレのイベントと一言で言っても種類は様々なようです。好きな漫画やアニメなどのジャンルの人やそうでない人とまで交流できたり、普段の自分とは違う自分を表現できるのがコスプレの醍醐味という人もいるみたいです。
コスプレの人気作品といっても色々ですが、「ローゼンメイデン」、「ガンダムSEED」、「遥かなる時空の中で」、「テニスの王子様」、「銀魂」、「BLEACH」などが人気のあるコスプレが豊富な作品だそうです。中でも「BLEACH」のコスプレは色々な会場で必ず見かけるほど多いそうで、その理由としては「BLEACH」でキャラが着用する和服はとても作りやすく、リメイクもしやすいようです。また男女問わず着用しやすい服ともいえるそうです。コスプレ衣装は自分で作る以外にも購入という方法もあるようですが、「BLEACH」の中でも、破面(アランカル)という集団の制服のような衣装や、主要なキャラクターの制服のような衣装などが人気なようです。インターネットで購入できるサイトも沢山あるようですが、コスプレの楽しみの一つに自分で衣装を制作するという事も含まれていそうです。
「BLEACH」のみならずいろいろな漫画の楽しみ方のひとつにコスプレというものもあるようです。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週間少年ジャンプ

アニメや漫画で「BLEACH」を見かけた事のある人も「BLEACH」というタイトルくらいは聞いたことのある人も居るのではと思いますが、この漫画は週間少年ジャンプで連載中の人気漫画なようです。
週間少年ジャンプといっても歴史のある漫画雑誌ですが、その中でも「BLEACH」と同時期から現在までに連載の開始した作品には「SAND LAND」「BLACK CAT」、「ピューッと吹く!ジャガー」、「ボボボーボ・ボーボボ」、「いちご100%」、「アイシールド21」、「武装錬金」、「DEATH NOTE」、「銀魂」、「家庭教師ヒットマンREBORN!」、「D.Gray−man」、「魔人探偵脳噛ネウロ」などが連載されており、アニメ化されている作品も数多く在ります。
中でも「DEATH NOTE」は、アクションがほとんど無く、台詞を重視した展開で話が進むという内容と表現という従来のジャンプにはないタイプの作品でありましたが、単行本初版100万部最速売り上げ記録を作りました。「DEATH NOTE」とは原作を大場つぐみ、作画は小畑健が担当した漫画です。
またこれを原作とする実写映画、小説、アニメ、ゲーム作品も指します。
名前を書かれるとその人間は死んでしまうという死神の「デスノート」を偶然手に入れ、「デスノート」を使用して犯罪者を次々と粛清する主人公と、大量殺人犯として主人公を追う名探偵との戦いを描いた物語となっています。
週間少年ジャンプとは日本において集英社が発行する少年向けの漫画雑誌とされていますが、その読者層は幅広く、女性などの読者も多いようです。「DEATH NOTE」と同じく「死神」の登場する「BLEACH」ですが、この漫画も少年向けに描かれたものなのかもしれませんが、その読者層は幅広いものになっているのではと思います。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画の演劇化

現在週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」ですが、人気漫画にはよく見られるように、アニメ化や、劇場版アニメ化、ゲーム化などもされています。アニメ化や劇場版アニメ化は人気漫画にはつきものにも思えますが、「BLEACH」の場合は演劇化もされています。正確にはロックミュージカル化で数々の「ロックミュージカルBLEACH」が公演されて来ています。
漫画のミュージカル化(演劇化)というと少し珍しい事にも思えるのですが、ロックミュージカル「BLEACH」以外に演劇化された漫画にはどの様なものがあるのでしょうか。
まず秋元治の「こちら葛飾区亀有公園前発出所」は演劇化された事があるそうです、そして彩花みんの「赤ずきんチャチャ」、池田理代子の「ベルサイユのばら」は宝塚が演劇化した事でも有名です、また樹なつみの「OZ」、今市子の「百鬼夜行」、岸本斉史の「NARUTO」、久米田康治の「かってに改蔵」、車田正美の「聖闘士星矢」、許斐剛の「テニスの王子様」、さいとうちほの「少女革命ウテナ」、清水玲子の「月の子」、竹内直子の「美少女戦士セーラームーン」、田島昭宇の「多重人格探偵サイコ」、手塚治虫の「火の鳥」、「ブラック・ジャック」、「陽だまりの樹」、「アドルフに告ぐ」、「リボンの騎士」、「七色いんこ」、「ブッダ」、「どろろ」、富樫義博の「HUNTER×HUNTER」、萩尾望都の「トーマの心臓」、「半神」、「11人いる」、「メッシュ」、藤子・F・不二雄の「SF短編集」、松本零士の「銀河鉄道999」、「1000年女王」、美内すずえの「ガラスの仮面」、峰倉かずやの「最遊記」、モンキー・パンチの「ルパン三世」、大和和紀の「あさきゆめみし」、「はいからさんが通る」、吉田秋生「BANANAFISH」などが演劇化されています。
演劇化された漫画のタイトルを見る限り、古い作品の割合も多く、そんな中でも「BLEACH」は最近の劇場化された漫画作品の代表ともいえるのではと思いました。特にストーリー的にも演劇化は難しい物にも思えますがそこを演劇化した所も注目できる点だと思いました。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒崎一護

物語には主役が存在するものですが、週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」、このストーリーの主役について注目してみたいと思います。
「BLEACH」主役の名前は黒崎一護で、15歳の高校生です。空座第一高校1年生という設定ですが、それに加えて「死神」代行もしています。身長は174cm、体重61kgで誕生日は7月15日です。好きな食べ物はチョコレートと辛子明太子となっています。
実家は町医者で、父親の黒崎一心、妹の遊子と夏梨が家族です。母親の真咲とは死別しています。幼馴染に有沢竜貴、親友に茶渡がおり、クラスメイトに石田雨竜、井上織姫、水色、啓吾などが居ます。
黒崎一護の外見は、髪はオレンジ色、瞳は茶色で、一見ぶっきらぼうで無愛想な態度をとります。しかし実際は義理深く優しい心を持っており、兄として妹を守るという強い意志も持っています。
髪の色などへの偏見から来る教師の干渉を避ける為勉強はきちんとしており、成績は良い方らしいです。
ストーリー中重要な能力としては、とても強力な霊媒体質を持っており、虚(悪霊)に襲われた時、朽木ルキアから死神の力を代行するという能力を持ちます。死神の基本戦闘技術4つのうち「鬼」以外は高い実力を身に付けていきます。
死神の役割も始めのうちはルキアの代行として行っていましたが、様々な経験や葛藤などの後は虚に狙われる人々を救う為という目的を持つようになりました。虚を退治できる刀の名前は「斬月」で、巨大な出刃包丁のような形をした刀です。二本目の刀の名前は「天鎖斬月」で、全てが真黒の長めの日本刀の形をしているようです。技には「月牙天衝」という自らの霊力を刀に取り込ませて、刀先から超高密度の霊圧による攻撃を放つ攻撃があり、斬月唯一、最強の技とされています。また一護の精神世界に存在する力により更に強い攻撃などが出来るようになりましたが、その力はまだ中途半端なもので長い間は持続できない力な様です。
アニメの声優は森田成一、ミュージカル「BLEACH」の俳優は伊阪達也の黒崎一護ですが、主役らしい存在感も強さも持ち合わせたキャラクターなのではと思われます。
posted by BLEACH at 10:29| BLEACH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。